超ネガティブさんだった私を変えたポジティブマインドへの道

皆さんは自分がポジティブだと思いますか?ネガティブだと思いますか?

同じことをするにも、ポジティブにとらえて行動するか、ネガティブになってしまうのかで全然違いますよね。

コップに半分の水 

【半分もしかない】のか【半分も残ってる】のか

財布なくした   

【1万円損した】のか【1万円で学べたと思って次は気をつけよう】

同じ状況でもとらえ方次第で、失敗と思ったことが、逆に良かったと思えるようになるわけです。そう捉えたほうがたほうが同じ人生でも楽しくなりますよね。

私はもともとすごいネガティブでしたが、最近はポジティブに物事をとらえることを大切にしています。もちろん、落ち込んだり、ネガティブになってしまうときもありますが、以前に比べたらポジティブを意識することで、心が楽に生きやすくなりました。

目次

ポジティブって何?

ポジティブな人ってどんなこと思い浮かべますか?明るい人だったり、笑顔や自信といった陽のイメージがありますよね。

ポジティブとは肯定的前向き積極的といった意味を持つ言葉です。考え方や行動に対する姿勢を表していて、自己肯定感の高さ、困難な時に解決策を見つけられる能力などを示しています。



ポジティブマインドのメリット

ポジティブな思考はメリットが多くあります

ストレスの軽減

健康維持

人間関係  など

様々な場面で良好な影響を及ぼします。ポジティブでいると人生を楽しめたり、落ち込む時間が短く切り替えが早くなります。前向きな気持ちはやる気や行動力・決断力なども高めてくれます。またポジティブな人の周りも明るくなったりたり良い影響を受け与えることが多いです。

ポジティブマインドになるために

ではポジティブになるためにはどのような行動をするとよいのでしょう。たくさんの方法があると思いますがいくつか紹介していきます。全部するというわけではなく、いろいろ試してみて、自分のできるところで少しづつ意識を変えていきましょう。

自分のいいところを見つける

自分のいいところを探しは自分に自信が持てる・自分を好きになるポジティブになる第一歩

いいところを考えてみたり、ノートに書き出してみたりしてください。見つからない場合は家族や友人に聞いてみたり、褒められたことを思い出してみてもいいでしょう。予想外な答えを導き出してくれることもあります。

また一見短所見えても裏を返せば長所になり得ます。

心配性→計画性がある 

周りに流されやすい→柔軟に対応できる

優柔不断→リスク回避できるなど

あなたの長所は必ず見つかります。いいところを見つけて自信をつけましょう。

ポジティブな言葉をつかう

言霊【ことだま】という言葉があるように、言葉には大きな力があります。言葉にすると本当に行動できたり、実行できたり、夢がかなうことがあります。大きな夢でももちろんいいですが、日ごろから小さな目標を言ったり、ネガティブからポジティブな言い換えでポジティブな思考になりやすいです。

小さな目標 

「明日は6時に起きよう」 「午前中にここまでは終わらせよう」「21時から英語本開こう」「寝る前に部屋を5分片付けよう」

ポジティブ言い換え

自分に「今日はダメだった」→「明日から頑張ろう」 「ちゃんとできてるかな」→「きっと大丈夫」
職場で「これはつかえない」→「もう一工夫ほしい」
子供へ「全然できてない」→「ここはできたんだね」

ポジティブな言い換えをすることは、相手にも印象を良くしたりやる気にさせたりもしてくれます。そして良い人間関係につながるでしょう

成功体験を増やす

成功体験が増えると自信がつきポジティブ思考になります。大学に合格する、昇進する、夢をかなえるなど人生の節目になるような大きな成功体験でなくてもよいです。例えば先ほど挙げた日常にある小さな目標のようなことです。そんな小さな積み重ねがやがて大きな目標達成の部品になっていくのです。

テストで100点取る→練習問題を完璧にする→毎日30分勉強する→練習問題を開く→机に座る

「机に座る」ところから目標だったら簡単に目標達成できませんか?小さな目標が達成できるとどんどん自身につながり、ポジティブな習慣が身につくはずです。

自分を褒める他人をほめる

最近褒められたことはありますか?大人になると褒められること少なくなりますよね。小さい子には「片付けできたね。」「着替えられたね。」当たり前のように褒めますよね。自分も褒めることってとてもいい習慣です。例えばさっきの小さな目標。「朝起れた早起き苦手なのにすごい!」「ちゃんと期限までに提出できた偉い!」「今日の服に合ってる!可愛い!」なんでもいいのです。褒めることでどんどん気持ちが前向きになれます。また他人にも褒めえること意識してみてください。ポジティブのおすそ分けで相手もポジティブに。するとあなたの周りの人間関係もきっと過ごしやすい空気になるはずです。

好きな時間の確保

ずっと頑張ってると疲れちゃいますよね。自分がリラックスする時間も大切にしてください。しっかり睡眠をとるはもちろんですが、仕事だったり、子育てだったり、難しい場合もありますよね。私も子供が小さい時は夜泣きがひどく、常に寝不足でした。しかし忙しい中でも、ちょっとコーヒー飲んで休憩。お風呂にゆっくりつかる。ヨガや瞑想。散歩する。漫画読む。買い物する。推し活する等なんでも自分な好きな時間は贅沢に楽しんでください。その充実した時間は心を休めてくれるはずです。毎日は難しいかもしれませんが、時には誰かに甘えリラックス時間を確保して楽しんでくださいね。

栄養の良い食事

身体の健康には食事が大切ですが、近年メンタルヘルスにも影響を及ぼすことがわかってきました。例えば過剰なエネルギー摂取は肥満等の原因になり。肥満があるとうつ病リスクが高まり、うつ病が肥満発生リスクを高めるという報告もあります。また栄養不足ではビタミン、ミネラルといった大切な栄養素十分に取りにくくなります。うつ病はセロトニン、ドーパミン等の神経伝達物質が不足し、感情や気分を調節する機能が低下することで前向きな気分になりにくいと言われています。そのような神経伝達物質の生産を助ける因子が栄養素なので、バランスの良い食事も心の健康に欠かせないものということがわかりますよ。

参考心の健康にも食事は大切! メンタルヘルスと栄養の関係 


適度な運動習慣

適度な運動は交感神経が優位に働き前向きでやる気が出る状態になります。運動によって脳内の血流が促され、脳内細胞が活性化したり、セロトニンやエンドルフィンという神経伝達物質が多く分泌され気持ちの安定、気分の落ち込みを改善する効果もあります。ちょっと走ったり、運動しただけでも達成感味わえますよね!運動することはポジティブマインドを作る助けになります。軽い運動や少ない時間からでも始めてみましょう。

まとめ

いかかでしたか?ポジティブになるってそんなに難しいことではないですよね。しかもいいことだらけ!小さなことから始めればポジティブ思考か必ず育っていきますよ。

私はもともとすごいネガティブ志向でしたが、アメリカに住み、最近考え方が変わってきました。今日は託児つきジムの廊下にある作業スペースでブログを書いているのですが、すれ違いに二人に「いい色だね!」と髪の毛を褒められました。日常的に初対面の人もたくさん褒めてくれる文化があります。これは自己肯定感上がりますよね。私もそういうことができる人にもっとポジティブな自分でいたいと思うようになりました。

これから自己肯定感を育むポジティブマインドになるための投稿をしていきたいと思います。インスタのほうも発信予定なので良かったらフォローしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

36歳。アメリカ在住。
駐在妻生活楽しく
ポジティブをアメリカから発信
自分をもっと好きにもっと綺麗に
過食嘔吐歴18年→克服

目次