ダイエット思考に支配されて18年。過食嘔吐経験者が考えるダイエットとの向き合い方

ダイエット。誰もが一度はやってみようと思ったことあるんじゃないでしょうか。そのくらい私たちの生活の中にあふれていますよね。本もSNSもダイエット情報であふれていて、とっても身近な存在です。そしてその需要があるということは、それに対して悩んでいる人がいかに多いかということがわかりますよね。

しかし、このダイエットを間違えると、様々な体への悪影響ができてます。さらには私のように摂食障害として長い間苦しむこともあります。

私の過食嘔吐が始まったきっかけは環境の変化で体重が減って、自分でも可愛くなった気がして、服がに合うようになって、友人からも褒められて「もっと痩せたい」「太りたくない」もっとダイエットしなきゃという意識に取りつかれてからでした。痩せたいに支配された生活は今思うと本当に苦しかったと思います。

ダイエットでこんなに綺麗になって、人生変わりました!って人ももちろんたくさんいます。自信が持てて、健康になって、ポジティブになって、もちろん素晴らしいことです。そしてそんな人に憧れていました。でも私はダイエットしてると全然楽しくなれなくて、太るのが恐怖で、自信がなくなって、どんどんネガティブになってました。

ただ克服した現在でも、綺麗な自分になりたいし、体型だって気にならないわけじゃない。何より健康でいたい気持ちは強いです。

今回は私の過食嘔吐克服後のダイエットの考え方についてお話していきたいと思います

このブログを読むと

ダイエットがネガティブになっちゃう人におすすめのダイエットとの向き合い方がわかります

目次

正しいダイエット

ダイエットっていうと、体重を減らすこと。痩せること。とイメージしませんか?

本来の意味は健康な体を目指して食事と運動などで摂取カロリーと消費カロリーを調整することで適正体重にすることです。

BMI(体重㎏÷(身長m×身長m)はよく体型の指標として出てきますよね。ダイエットしたいと思っている人でも意外と標準体型の人が多いです。私自身もやせ型~普通体重(18.5~25)でした。それなのに太っている痩せなきゃと思い込んでいて、無理なダイエットをしてしまっていました。正しくダイエットをしていないと栄養が取れないので、体調不良、肌荒れ、生理不順など様々な体への悪影響が出てきます。

  • 本当にダイエットが必要か正しく判断
  • 適度な食事コントロールと適度な運動
  • ゆっくり時間をかけて月1~2㎏を目安に減量

など心にもゆとりをもって正しいダイエットをしていくことが大切です

ポジティブなダイエット

正しいダイエットをすることで、適正な食事コントロール、適度な運動により、健康になって、綺麗になったり自分に自信がつきます。ダイエットが正しくできるとポジティブになりますよね。 


ただこの適切なとか、適度というバランスがとても難しいです。痩せすぎたり、運動しすぎたり、自分は極端になっていることに気づいていないことも多いです。

ネガティブなダイエット

ダイエット始めると私は「全然痩せない」「今日もたくさん食べちゃった」など1日や1回の食事に敏感になったり。1つ1つのカロリーもすごく気になってしまい。ダイエット中なのに甘いものやカロリーの高いものを食べてしまうと罪悪感とまた「自分はダメな人間だ」と自己否定に走り、友人や家族との食事も「なんで誘われちゃったんだろう」「私は食べないから大丈夫」楽しめなくなったり、とにかくネガティブな方向に傾いてしまっていました。

その代償に、すべてカバーできるような気がする過食嘔吐に頼って辞められないという悪循環も生まれていました。

痩せたい気持ちと行動のバランスが難しいですよね。

過食嘔吐を経験して。克服してからのダイエットとの向き合い方

過食嘔吐を克服したと思ったのは、過食嘔吐をしなくなったというのもありますが、以前のように食事やカロリーや体重に執着しなくなりました。ただ、綺麗になりたいとか、痩せたいという気持ちがゼロになったわけではありません。

そんな私のダイエットとの向き合い方は

ダイエットという意識はやめて体にいいことをする

ということです。ダイエットって思っちゃうとどうしても、体重が気になって、カロリーが気になって。

バランスの良い食事・少しの運動「体にいいこと」って思うと、自分に優しくできてる感じしませんか?ダイエットという意識ではなくてちょっとした体にいいことしていくことで、より健康で、より綺麗になっていけると思います。例えば

食事を改善するなら・・・

おやつはスナックからフルーツやナッツへ。野菜を増やす。外食から自炊に。ジャンクフード減らす。揚げ物はお昼に食べる。お酒の量を減らす。等

運動を取り入れるなら・・・

散歩する。一駅歩く。階段を使う。YouTubeで運動する。姿勢をよくする。ストレッチする。ヨガする。等

もしバランスの良い食事。適度な運動をしてても痩せないということは、それがあなたの適正な体重で痩せる必要なないんです。

その痩せなきゃ。って本当に必要?
自分の体に対して優しくできてるかな?自分追い込んでない?ストレスになってない?
健康のために痩せるのはとってもいいことだけど、急に1か月〇㎏ではなくて、ゆっくりゆっくり徐々に理想の自分になっていったらいいんです。

まとめ

今回は私の過食嘔吐克服後のダイエットに向き合い方として、ダイエットという考えはやめて体にいいことをするという考えをお伝えしました。ダイエットして自分を変えたいと思っている方も多いと思いますが、無理をするといつか爆発してしまいます。その代償がリバウンドだったり、摂食障害につながることもあります。

無理をせず心も体も健康に

今の自分をもっと好きに、もっと綺麗に

一緒に人生を充実させましょう

インスタしてます良かったらフォローしてね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

36歳。アメリカ在住。
駐在妻生活楽しく
ポジティブをアメリカから発信
自分をもっと好きにもっと綺麗に
過食嘔吐歴18年→克服

目次